フラワーアレンジメントの基本/クレッセントの作り方

フラワーアレンジメントの基本の形、クレッセントについてご紹介します。

クレッセントを飾るのに適した場所、活躍するライフシーンや会場に飾る時の注意などもお伝えします。

又、クレッセントに適した花材、作り方、コツまでわかりやすく説明します。

クレッセントの用途と飾る場所

クレッセントとは、英語で「三日月」「三日月形」の意味があります。

アレンジのデザインも、両先端が細くカーブを描いたスタイルになります。

クレッセントの用途

クレッセントは基本の作り方をマスターすれば、自宅用にでも会場装花にも、バスケットアレンジやプレゼントなどにも、比較的簡単に様々なシーンで応用できるデザインです。

クレッセントを飾るのに最適な場所

クレッセントはフェイシングアレンジ(三方見)ですので、背面が壁や窓になっている場所が適しています。

クレッセントの作り方

クレッセントに適した花材

イギリススタイルのクレッセントは、バラなどのしっかりした花と、茎が細めで長さのある花やグリーンを組み合わせるとナチュラルなアレンジが作れます。

使用花材:バラ・花ヒエ・ホワイトスター・クルクマ・クレマチス・ニゲラ

グリーン:リキュウソウ・ルスカス・イタリアンルスカス

クレッセントの制作手順

花器にフローラルフォームをセットします。

フローラルフォーム1/2ブロック

グリーンで三日月の形(ホリエージ)をつくります。

この時グリーンはフローラルフォームのサイドから花器の淵に当てるように入れます。

ポイントフラワーを入れます。

 

ポイントフラワーの1本目を中心のグリーンの高さの3分の1の高さのところに

花の付け根が来るように、角度をつけて中心に向かって挿します。

あと2本のバラを高さを変えて入れます。

2本目のバラは1本目のバラに対して花首1つ分高く

3本目は1本目のバラより花首1つ分低く入れます。 

ラインフラワーを入れていきます。

両サイド、一番高い背面に花をいれます。花はライン系の花(茎の長い花)で小ぶりの花が使いやすいです。

締めの花を入れます。

フィラフラワーを入れていきます。

残っている空間に花を入れていきます。花同士の高さが揃わないように高低差をつけるように意識して入れていくと、自然な空間ができてきます。

フローラルフォームが見えているところをグリーンで埋めて完成です。

面もこのように埋めます。

クレッセントを美しく作るには、枝や茎の自然な流れを利用することが重要です。

茎のしなり具合により、挿し位置と角度を考えます。

例えば、しなりがきつい茎は立たせ気味に入れてみたり、逆にしなりの出ない直線的な茎のときは倒し気味にしていれたりして、挿し位置と角度を調整します。

 

素敵なクレッセントをアレンジしてみてくださいね!

まずは手ぶらで体験レッスン!

レッスンってどんな感じなんだろう?教室の雰囲気や授業内容、先生との相性も気になりますね。
そんな時はまず体験レッスンに申し込んでみましょう。
Flower Cafe Fresh Greenの体験レッスンは通常レッスンと同じように行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です