フラワーアレンジメントの基本/オールラウンドの作り方とコツ

フラワーアレンジメントの基本の形オールラウンドについてご紹介します。

オールラウンドを飾るのに適した場所、活躍するライフシーンや会場に飾る時の注意なども解説しながら、オールラウンドに適した花材、作り方、コツまでわかりやすく説明します。

フラワーアレンジメントの基本(オールラウンド)

オールラウンドは真上から見ると円、側面から見るとドーム型(半円形)になっているアレンジです。

オールラウンドとは四方見という意味で、どの角度から見てもお花が入っている状態です。

 

オールラウンドの用途

オールラウンドは基本の作り方をマスターすれば自宅用でも会場装花にも応用できるデザインです。

オールラウンドを飾るのに最適な場所

オールラウンドは四方見です。壁に面している場所よりもテーブルやパーティー会場などの円卓のセンターサービスとして活用できます。

―パーティー会場やホールに飾る場合―

テーブルのセンターサービスとして活用できます。高さの違う花器を使ってオールラウンドをアレンジしたり、同じアレンジを添えることによりとても華やかなテーブルが演出できます。

―自宅に飾る場合―

食卓の真ん中に飾りましょう。テーブルの大きさに合わせて自由なサイズでアレンジすることができます。丸みをおびたラインの出るアレンジなので可愛い雰囲気になります。

オールラウンドの作り方

花器にフローラルフォームをセットします。

フローラルフォーム1/2ブロックを花器に合わせてカットし、十分に給水させセットします。

グリーンでラウンド(円)のホリエージ作ります。

グリーンはフローラルフォームのサイドから花器の淵に当てるように入れます。

ポイントフラワーをフローラルフォームの中心に入れます。

1本目は花器の高さと同じ(等倍)にカットし中心にまっすぐ入れます。

2本目、3本目は花首一つ分低くなるようにグルーピングで入れます。

インパクトの強い花を2ケ所入れます。

花の大きさや付き方によって位置を調整します。

締めの花をポイントフラワーの斜め下に入れます。

今回は花の代わりにリンゴを使いました。

空いている空間にフィラフラワーやラインの花を入れていきます。

花同士の高さが同じにならないように高低差をつけるように意識して入れていくと自然な空間ができてきます。すべての花材が入ったら隙間をグリーンで埋めて完成です。

オールラウンドの作り方のコツ

オールラウンドを美しく作るには上から見たときにはナチュラルな円形になるように横から見るとドーム型(半円形)になるように仕上げます。素敵なオールラウンドアレンジ作りましょう。

まずは手ぶらで体験レッスン!

レッスンってどんな感じなんだろう?教室の雰囲気や授業内容、先生との相性も気になりますね。
そんな時はまず体験レッスンに申し込んでみましょう。
Flower Cafe Fresh Greenの体験レッスンは通常レッスンと同じように行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です