フラワーアレンジメントの基本/コーンシェイプの作り方

フラワーアレンジメントの基本の形コーンシェイプについてご紹介します。 コーンシェイプを飾るのに適した場所、活躍するライフシーンや会場に飾る時の注意などもお伝えします。 また、コーンシェイプに適した花材、作り方、コツまでわかりやすく説明します。

 

フラワーアレンジメントの基本(コーンシェイプ)

コーンシェイプとは、アイスクリームのコーンの部分をさかさまにした三角錐の形のデザインを意味します。 どこから見ても三角錐に見えるようにオールラウンド(四方見)で作ります。

正面(左)    後ろ(右)

コーンシェイプの用途と飾る場所

コーンシェイプの用途

背の高いアレンジメントになりますので贈り物に使うというよりは自宅用または会場装花に向くデザインになります。

コーンシェイプを飾るのに最適な場所

コーンシェイプはどこから見ても三角錐のオールラウンド(四方見)ですのでテーブルの真ん中やパーティ会場の円卓などに置くのにぴったりのフラワーアレンジメントです。

コーンシェイプの作り方

コーンシェイプに適した花材

イギリススタイルのコーンシェイプは、バラなどのしっかりした花と、茎が細めで長さのある花やグリーンを組み合わせるとナチュラルなコーンシェイプが作れます。

使用花材:バラ、スイトピー、デルフィニューム、カーネーション

グリーン:オリーブ、ルスカス、アイビー、ローズマリー

コーンシェイプの制作手順

花器にフローラルフォームをセットします。

・フローラルフォーム1/2ブロックを花器に合わせてカットし吸水させます。

・花器から1.5cmほどフローラルフォームが出るようにセットします。

グリーンでオールラウンドのホリエージ作ります。

この時グリーンはフローラルフォームのサイドから花器の淵に当てるように入れます。

中心にグリーンを垂直に挿します。

ポイントフラワーを入れます

 

ポイントフラワーの1本目を中心のグリーンの高さの3分の1の高さのところに花の付け根が来るように、角度をつけて中心に向かって挿します。

あと2本のバラを高さを変えて入れます。2本目のバラは1本目のバラに対して花首1つ分高く3本目は1本目のバラより花首1つ分低く入れます。 

1本目のバラ以外は、中心のグリーンと底辺のグリーンを繋いだ線の中に入るようにします。そうすることでバランスが良くなります。

ラインフラワーを入れていきます

中心のグリーンに近いところから、茎の細い花の小さなものかららせん状に入れていきます。

フィラフラワーを入れていきます

ボリューム感が出るように花の分量を上から1:3:5になるように入れていきます。

そうすることでバランスよく仕上がります。

底辺のグリーンに添うようにしてフィラフラワーを入れていきます。

フローラルフォームが見えているところをグリーンで埋めます

これで完成です。

コーンシェイプの作り方のコツ

コーンシェイプを美しく作るには、中心のグリーンかららせん状に少しづつ花を低く挿していくこととインパクトのある花は下の方に持ってくるとバランスが良くなります。

 

素敵なアレンジを作ってくださいね。

まずは手ぶらで体験レッスン!

レッスンってどんな感じなんだろう?教室の雰囲気や授業内容、先生との相性も気になりますね。
そんな時はまず体験レッスンに申し込んでみましょう。
Flower Cafe Fresh Greenの体験レッスンは通常レッスンと同じように行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です